Topics

WEBにおけるルーターの役割

新しいマンションのWEB接続のためにルーターを導入した WEBへの接続装置といえば、ルーターを思い浮かべる人は多いと思いますが、実際ルーターとは具体的にどういったものかといわれるとモデムやLANハブとごっちゃになっている事が多いものですよね。そこで今回はWEBにおけるルーターの役割と、ごっちゃにされやすいモデムやLANハブとの違いについてまとめてみましょう。まず、ルーターとは道のルートに人をあらわす名詞形erがついてrouterつまり道を示す人=ガイドの事です。つまりインターネット接続時にパケットの行き先を決めて正しい方向へガイドしてくれる役割を持った装置ということです。

これに対してモデムとは、アナログ信号をデジタル信号に変換するための装置です。アナログ回線からの通信データをデジタル機器であるパソコンに接続して通信を行う役割をもった装置という事ですね。つまりモデムでインターネットに接続してルーターがその行き先の整理をしてくれるといった形になるわけです。そして、LANハブですがこれはその名の通り複数のLANポートを装備した中継装置です。ルーターにも複数のLANポートがついている場合が多く、また複数のパソコンに接続する目的で使用する場合が多いわけですが、これとの違いとして、LANハブにはルーターのように行き先を整理する機能はなくあくまで中継地点でのLANポートをタコ足コンセントのように増やしているというだけなのです。中にはモデムとルーターが一体化しているものもあるので紛らわしいですが、このように明確な役割の違いがあるという事はおさえておきましょう。

Copyright (C)2019新しいマンションのWEB接続のためにルーターを導入した.All rights reserved.